Skip to main content

 ・当会は、クローン病(CD)・潰瘍性大腸炎(UC)・ベーチェット症候群(BE)に関する正しい知識を得て明るい療養生活を送れるよう会員相互の情報交換・交流・親睦を図る事を目的にボランティアスタッフが運営しています。 九州IBDフォーラムに加盟しました。

交流会・講演会情報
ホーム
入会希望と問い合わせ
社会保障|就労支援
病とつきあう
よくある質問
友の会について
リンク
サイト マップ
メンバーのログイン

*主な活動*

 

  •  年2回の総会 /春と秋(春:事業報告・総会)-講師を招いて講演会・交流会 etc     
  •  年2回の会報(IBDニュース)の発行*1 /講演会の報告・治療のニュースなどの情報  
  •  全国の難病患者団体と連携し、陳情、要請*2   
  •  その他:交流会・食事会・旅行など不定期に活動しています。 

 

*挨拶*                            


 
 当会の発足は平成9年10月25日で、当初は北九州市立若松病院の患者を中心とした48名で出発しました。
当時の若松病院、院長の吉田隆亮先生(現吉田胃腸科内科医院院長・当会顧問)の働きかけで、『医者との短い外来診療のみでは、フォローできない部分を、患者同士の横のつながりを持つことで、補っていこう。』という呼びかけの下に、立ち上げられました。
この会の活動を通じて、IBDと診断された方々のQOL(生活の質)の向上を目的としております。色々な方々のご指導、ご支援をいただき、現在150名を超える会となりました。
役員も患者、その家族、医療スタッフと各方面の方々で構成されています。な活動は、年2回の総会と会報の発行(4・10月)、秋の親睦旅行・その他レクリェーションです。皆様との交流を重ねる毎に、会員の求めていることの多さ、また、現状を何とか良くしたいという気持ちを強く感じています。
この会に足を運んだ事により、同じ悩みを持つ人達と知り合い、前向きに考えられるようになったと言われる方もいます。
会としては会員同士の交流はもちろんのこと、最新の情報を提供できる場になればと考えています。
また、県の難病連に団体として加入し医療・福祉関連への積極的なアプローチも行っています。この会を通して皆さんの生活を少しでも応援できるよう活動を広げていきたいと思っています。
 
福岡IBD友の会 会長 古屋英治
(事務局)  北九州市八幡西区田町1丁目9-40  (山田方) 電話&FAX(093)631-6566