Skip to main content

 ・当会は、クローン病(CD)・潰瘍性大腸炎(UC)・ベーチェット症候群(BE)に関する正しい知識を得て明るい療養生活を送れるよう会員相互の情報交換・交流・親睦を図る事を目的にボランティアスタッフが運営しています。 九州IBDフォーラムに加盟しました。

交流会・講演会情報
ホーム
入会希望と問い合わせ
社会保障|就労支援
病とつきあう
よくある質問
友の会について
リンク
サイト マップ
メンバーのログイン
*FAQ*
よく寄せられる質問とその答えをここに記述します。
  • FAQ とは何ですか?
  • 特定疾患は申請したほうがいいのでしょうか?
  • 病院はどこがいいですか?
  • 患者会に入るといいのでしょうか??
  • 保険ってはいれますか?
  • その他の質問



A: FAQ は "Frequently Asked Questions" の略で、よく寄せられる質問という意味です。

 
A: 絶対に申請する必要はありませんが、入院した場合や、一ヶ月の医療費が多くかかる場合は、住民票が登録してある地域の保健所に申請したほうが治療費用の補助があります、金額は世帯収入によります。上限金額が決まるとそれ以上の請求はされません。(詳しく

これは合併症にも適応されるので合併症は覚えておかないと、この病気に不慣れな医療機関だと会計処理で通常の請求をされてしまうので、そのときは「合併症として処理されないのでしょうか?」と事務に尋ねてください。(
詳しく


 
A: 症状が酷ければ、大学病院・大型病院にいくことををお勧めします。
  症状が落ち着けば、通院が大変&診療に時間がかかるので、近くの中堅病院を紹介してもらってください。「通院が大変なんです」といえば、症状が落ち着いているなら、主治医は快く紹介してくれます。通常は近所に通院、症状が酷くなれば、またスムーズに大きな病院に行けます。
(ちなみに、患者会で通っている人が多いのは、福岡大学筑紫病院、もりた内科胃腸科クリニック、新小倉病院、九州厚生年金病院です)

A2: 手術となると、手術の経験がおおい病院をネットで探して、主治医に「○○病院で手術してもらいたいんですけど・・・」といって紹介してもらってください、大学病院でも多様です。県外も視野に入れてください。


 
A: さまざまなお知らせや ニュースレターが届きます。患者会に出席すれば、きっと同じ立場の先輩たちからアドバイスをもらえますし、病気の辛さも楽しさもわかってくれる人と出会えると思います。


 
A: 発症して病院にかかって診断がついてからでは通常の生命保険、入院保険には制約があり厳しくなります(門前払いか、条件付)
  現在は、

  !三井住友生命も門戸を開いたニュースがあがっています。

  !コープ共済たすけあい医療1000円コースは金額が低いですが、加入条件が緩やかです(
詳しく


A:入会希望とメールで問い合わせ より 質問してください